金沢を代表する観光スポットのひとつ、長町武家屋敷跡。かつて加賀藩士が住んでいた屋敷跡で、藩政時代の面影がのこる風情のある町並みが観光客に人気があります。 ただぶらりと歩くだけでも楽しい町並みです。 長町武家屋敷跡は、江戸時代い加賀藩の中級武士が住んでいたエリアです。 土塀と石畳の小径が続き、まさに江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気が漂います。 古風で趣のある路地を散策して、長町武家屋敷通りの歴史に浸かった後、長町で唯一、 一般公開されている武家屋敷跡、武家屋敷跡野村家を訪ねてみてはいかがでしょう。

長町武家屋敷跡ってどんなところ?

この辺り一帯には江戸時代に加賀藩の中級武士が住んでいました。 石畳の細い路地を挟んで木羽板葺きの屋根や土塀が続くほか、武者窓のある長屋門が見られ、江戸時代の雰囲気を今もそのままに残しています。 大通りから一本入ったところにあるせせらぎ通りを歩いて行くと、左手にあるのが長町武家屋敷跡です。加賀藩時代の上流・中流階級藩士の侍屋敷が軒を連ね、石畳の小道を歩けば風情ある雰囲気が感じられます。 こもがけ 雪から守るため「こも」と呼ばれるわらのむしろを土塀に掛ける。 冬が訪れたら長町武家屋敷跡の風物詩に。 長町武家屋敷跡の街並みの秘密 この界隈は、袋小路や曲がりくねった道が多くあります。 攻め入ってきた敵を惑わすための工夫です。

長町武家屋敷跡のがっぽ石(ごっぽ石)とは?

長町武家屋敷跡を散策すると、街角に突き立った石が数カ所に見られます。これは「がっぽ石」「ごっぽ石」と呼ばれています。下駄の歯に挟まった雪を落としたり、馬をつなぐために使われていました。がっぽ石は、足を乗せるのにちょうど良い高さですね。長町武家屋敷跡を散策する際は、ぜひ探してみてください。

長町武家屋敷跡の用水

長町武家屋敷跡の用水 土塀の脇を流れる大野庄用水は金沢の街中を流れる用水の中でも最も古い用水です。

長町武家屋敷跡 長屋門

新家邸長屋門。 長町武家屋敷跡に残る金沢を代表する長屋門です。長屋門は赤戸室でやや反りをもった亀甲積みの基礎の上に、壁は太い押縁の付いた下見板部と軒下の白漆喰の小壁とが好対照をなしています。 屋敷は離れを残して今はありませんが、藩政期には桑島氏が居住していました。 長町武家屋敷跡の街にあります。土塀で有名な歩行者用道路にあります。見学は外観のみで、離れ以外屋敷は残っていません。 石垣の上に下見板部と白漆喰の壁が造られ、周囲の土塀との違いを際立たせています。

長町武家屋敷休憩館

長町武家屋敷休憩館・・・困った時はココ! 画像引用元:https://www.t-marche.com/tripper/article/453/ 長町武家屋敷休憩館は、無料で使える休憩所です。 観光ボランティアガイド「まいどさん」が常駐しています。 休憩室や観光案内コーナーがあります。 お願いすれば、無料で周辺を案内し、詳しく解説してくれます。 開館時間  9:00~17:00 休み:無休 料金:無料 住所 金沢市長町2-4-36 電話番号 076-263-1951

長町武家屋敷跡へのお問い合わせ

金沢市観光案内所 076-232-6200 金沢市観光協会 076-232-5555 金沢市観光交流課 076-220-2194

武家屋敷跡野村家 料金

武家屋敷跡野村家(ぶけやしきあとのむらけ)は、金沢長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡です。 武家屋敷跡野村家は金沢市で7位(286件中)の観光名所です。 加賀百万石の城下町、金沢。加賀藩の武士たちが屋敷を建てて住んでいたエリアである長町(ながまち)は、石畳や土塀など今も往時の面影が色濃く残る街並みです。その長町界隈にある「武家屋敷跡野村家」は、武家文化を伝える屋敷です。 十一代にわたり加賀藩の重職を歴任した名家・野村家の屋敷跡。 【武家屋敷跡野村家はココが凄い!】 武家屋敷跡野村家 上段の間 藩主を招き入れるために作られた部屋 加賀藩のお抱え絵師で狩野派の佐々木泉景筆の山水画やギヤマン入りの障子戸など、 贅を尽くしたしつらえが実に見事です。 上段の間の手前には謁見の間が設けられています。 天井は最も格式の高い様式である格天井で創檜造りでしす。 武家屋敷跡野村家 茶室 石造りの階段を上がった先に茶室があり、抹茶で一服できる(300円) ふすま絵 大聖寺藩の藩主だった山口梅園の手によるものなど、各部屋のふすま絵も必見です。 鬼川文庫 野村家伝来の刀剣や加賀藩主前田家、明智光秀からの書状などを公開 【武家屋敷跡野村家】 加賀藩の重職を歴任した野村家の屋敷跡。 長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡。 代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開しており、格式を重んじた当時の様式を見学できます。 加賀藩のお抱え絵師、狩野派の画人・佐々木泉景による山水画をほどこした襖や、総檜造りの格天井、ギヤマン入りの障子戸など、文化財的な評価も高い屋敷です。 現在の建物は加賀藩の豪商の屋敷を一部移築したもので曲水や古木、味わい深い灯籠を配した庭園は当時のまま残されています。 野村家の庭園は樹齢400年の山桃や椎の古木や六尺に及ぶ大雪見灯篭、さくらみかげ石の大架け橋などが絶妙なバランスで配置されており、濡れ縁のすぐ下にまで迫る曲水、落水を配した佇まいは、屋敷と庭園が見事に調和した造りを見せています。 また、石造りの階段を上ると茶室があり、眼下に庭園を眺めながらお抹茶を頂くこともできます。 2009年にミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれ、また過去には米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌の日本庭園ランキングで第3位に選ばれるなど、海外からも高い評価を受けています。 営業時間 8:30〜17:30(4月〜9月) 8:30〜16:30(10月〜3月) 料金 大人¥550 高校生¥400 小中学生¥250 定休日 年末26日・27日 駐車場 乗用車6台分 住所 〒920-0865 石川県金沢市長町1丁目3番32号 アクセス JR金沢駅から香林坊経由バス15分 香林坊下車徒歩5分 JR金沢駅からタクシー約10分 車では北陸道金沢西インターから約30分

旧加賀藩士高田家跡

旧加賀藩士高田家跡きゅうかがはんしたかだけあと。 中級武士だった高田家の屋敷跡。中級以上の武士にだけ建築を許可された長屋門や用水を取り込んだ池泉回遊式庭園が復元されています。 藩政時代の長屋門を修復し、一般公開しています。 敷地内には見事な池泉回遊式庭園を配し、藩政時代の面影を残しています。 550石取りだった高田家の屋敷跡、旧加賀藩士、高田家跡を公開。藩政時代の長屋門や、池泉回遊式の武家庭園を修復し、音声アナウンスで当時の様子を伝えている。 旧加賀藩士高田家跡は、金沢市の観光地で長町にある武屋敷跡です。 金沢市指定保存建造物の長屋門や、大野用水から水を引き入れて作られた池泉回遊式庭園が見どころとなっています。 長閑な雰囲気を感じる長町武家屋敷跡には、無料で見学できる旧加賀藩士の住居跡があります。それが「旧加賀藩士高田家跡」で、長町を流れる大野庄用水沿いの「四の橋」 の十字路にあります。敷地内には庭園と奉公人の住まいが残されています。 旧加賀藩士高田家跡は、江戸時代の武士や武家奉公人たちの暮らしぶりが窺える長町武家屋敷跡のなかでも、ひときわ目立つ長屋門は、加賀藩士であった高田家のもので、 金沢市の保存建造物に指定されている。 営業時間 AM9:30〜PM5:00 料金:無料 定休日:無休 駐車場:なし  旧加賀藩士高田家跡へのアクセス

金沢足軽資料館

足軽たちの暮らしぶりを垣間見る 長町武家屋敷跡にある金沢足軽資料館は、近年まで住居と使用されていた2棟の足軽屋敷を移築しました。 4部屋以上もある堅牢な造りで、下級武士も庭のある一軒家に住んでいました。 足軽だった高西家と清水家の2棟の屋敷を移築し復元したものです。 石置き屋根の家屋の内部では足軽の日常生活に使われた用具などを展示しています。 また、足軽の職務についても解説しています。 金沢足軽資料館へのアクセス 営業時間 9:30〜17:00 料金:無料 定休日:無休 駐車場:なし 

金沢市老舗記念館

長町武家屋敷跡を散策し金沢市老舗記念館も訪れてみませんか? 金沢市老舗記念館は、江戸時代の商家の店先を再現しています。 金沢市老舗記念館は、江戸時代に創業した薬種商・中屋薬舗の建物を移築した施設。 当時の店の様子を再現し、薬の製造・販売に使われた道具を展示するほか、金沢の婚礼で使われる水引、工芸菓子なども見られます。 住所 〒920-0865 石川県金沢市長町2丁目2番45号 TEL/FAX:076-220-2524 開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで) 休館日 展示入替日(年3回) H30は7/31、11/30 観覧料金 一般:100円 65歳以上・障害者手帳をお持ちの方およびその介護人:100円(祝日無料) 高校生以下:無料 ]]>