姉倉比売神社(あねくらひめじんじゃ)は、富山県富山市呉羽にある神社です。

延喜式内社の一つで、越中の杜の中でも最も古い神社で姉倉比賣の御神徳と婦負の郡名に因む古い由緒があります。

富山市内に同名社が2社(呉羽姫本、舟倉)あり、どちらも式内社「越中国婦負郡 姉倉比売神社」の論社となっています。

御祭神

・姉倉比売神(あねくらひめのかみ)

 

・天照皇大神(あまてらすおおみかみ)

 

・大己貴命(おおなむちのみこと)

 

・武御名方主命(タケミナカタ)

姉倉比売神社由来

当社の御祭神・姉倉比売大神は上新川郡船研村鎮座の神と同一神にましまして 古来 両郡にわたって 神徳高く地方開発の祖神として信仰をあつめく押されている。

 

神社の創建も古く、かつて奥の美を極めたが 万治三年(一六六〇)の焼失以来旧駅がみられなくなった。

 

しかし神代からの遺事のかずかず、とくに 呉羽部の里に ちなむ機織の業を、すでに上代地方の婦女子に教えられたこと、あるいは 神天皇の御代 大若子名命が元凶阿彦の乱を鎮めに下向の時加置されたこと、又天武天皇の皇子 文武天皇に夢告されたことなどが伝えられている。

 

なお中世、上杉謙信が当社を崇敬すること厚く、越中進攻の理由を願文として奉納したのが現在残されている。

 

婦負の郡名も呉羽の町名とともに、この神の 御遺徳を しのぶものと言われているが誠、うなずかれることである。

姉倉比売神社の御神木

姉倉比売神社 御朱印

姉倉比売神社の御朱印がこちら

本殿の右側に社務所がありますので、そちらで御朱印を購入できます。

その御朱印がとても達筆で感動しました!

姉倉比売神社の住所と駐車場

姉倉比売神社

住所:〒930-0138 富山県富山市呉羽姫本1813

電話: 076-436-5459

姉倉比売神社の駐車場は鳥居の横にあります